浪曲界の旗手! 玉川奈々福を聴く会


古今亭菊之丞&古今亭今輔二人会お楽しみいただけましたか?

間髪入れず、22日は共催公演の「浪曲界の旗手・玉川奈々福」。年度末の慌ただしさを忘れるひととき。そして4月になって最初の土曜はヲルガン座でのシークレットライブ再び登場の快楽亭ブラック師匠です。是非お越しください。

「浪曲界の旗手! 玉川奈々福を聴く会」

奈々福を聴く会チラシ画像
日時:2015年3月22日(日) 開演15時(開場14時30分)
会場:カフェ・テアトロ・アビエルト
広島市安佐南区八木9-10-40 (GoogleMap)
交通アクセス⇒カフェ・テアトロ・アビエルトのウェブサイトをご覧ください。
主催:「奈々福を聴く会」実行委員会/共催:広島で生の落語を聴く会

出演:玉川奈々福、沢村豊子

木戸銭: *全席自由席

  • お一人 予約3,000円
    当日3,500円 ※ペアチケットはありません。

【演者プロフィール】

●玉川奈々福(たまがわ・ななふく)

横浜市生まれ。
1995年 曲師(浪曲三味線)として玉川福太郎に入門。師の勧めにより2001年より浪曲師としても活動。
2006年 「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」全5回などプロデュース。
2006年 本橋成一監督作品「ナミイと唄えば」出演。
さまざまな浪曲イベントをプロデュースする他、自作の新作浪曲も手掛け、他ジャンルの芸能・音楽との交流も多岐にわたって行う。かに座のO型。

●沢村豊子(さわむら・とよこ)

福岡県生まれ。
12歳から山本艶子師の指導で浪曲三味線の修業に入る。そののち、放送浪曲で第確約した国友忠の合三味線を長年務めた。
現在は主に国本武春、玉川奈々福の三味線を務めつつ、若手からベテランまで弾きこなす超ベテラン曲師。音色の美しさには定評が有る。

カテゴリー: 開催履歴, 開催履歴-コラボ企画・共催 パーマリンク