【KUREHOコラム】みんなのまわりのちょこっと話
KU!Re?呉楽部〈呉TMOメルマガ〉第32号(2006/07/27発行)掲載

金曜になると、その病院では朝食がパン食になるのでした。他の日は全てごはん食なのに。入院が長くなると患者さんは曜日感覚が無くなってしまうため、週末を意識できるよう、金曜だけはパン食に変えているとのこと。
これは少し前に私が入院していた病院での話です。おや? どこかで似たような話を聞いたような…。

それは「金曜カレー」

旧・日本海軍、海上自衛隊の艦船では、金曜の昼食(*)メニューはカレーライスになるのだそうです。長い海上勤務で曜日感覚を失わないように。

「カレーライス」と言えば、ラーメンと並ぶ日本の国民食ですが…。
そもそも、イギリス海軍が狭い船内での運動不足・ストレスといった健康面に配慮して、野菜が摂れるインドカレーを採用したものを、明治以降に日本海軍が取 り入れ、とろみのある日本式欧風カレーとなったのが始まり。それが、艦船ごとにさまざま工夫され、さらに艦隊勤務のコックや兵士が故郷に戻ってハイカラな 洋食として広めた結果とのこと。
つまり「海軍さんのカレー」こそ、日本人が大好きなカレーライスの基本。
カレー大好きな私としても、食べてみたい一品!

呉には、そのカレーの伝統を引き継ぐ海上自衛隊の基地・艦船がある!
でも、さすがに護衛艦に、スプーン持って、いきなり、
「カレーライス食べさせてくださーい」
とお願いしに行っても、そう簡単には食べさせてもらえないだろうから(その前に、怪しくて基地に入れてもらえないじゃろ!)、昴珈琲店で販売されているレトルト「海軍さんのカレー」を買って食べてみることにしました。

海軍さんのカレー画像レトロな箱を開けてパックをお湯で温め、ごはんにかけます。色は少し濃く、デミグラスソースのような感じ。
ぱくり、と口に入れると。あれ、甘い? いや、時間差で辛さがピリッと!
甘口カレーではないのです。中辛くらい。最初に旨味がふわっと広がるので、一瞬だけ甘い感じがします。だから、その後で来る辛さがとても効いている。優しくて、でも、辛口なところもしっかり。
これこれ、日本の欧風カレーの雰囲気ですよ。美味しい!

調べてみると、レトルト「海軍カレー」は、呉以外に、横須賀、鹿屋(鹿児島)で、それぞれまちおこし商品として製造販売されているようです。食べ比べてみるのも面白いかも。

食べ比べてみると言えば、呉のまちのカレーも忘れちゃいけない。
海軍さんから味を直接受け継ぐ洋食屋さん。カレー専門店。原点インド料理店。(いせ屋、木木、仔豚、マヤなどなど)
居酒屋・カフェでも意外と隠しメニューであったりして。そう言えば、うどん屋さんのカレーうどんも捨てがたい。
カレーって、ほんと日本の食に根付いているんだなぁと感じます。

「金曜はカレーの日」にしてみようかな。明日のお昼はカレーで行こう!

(*)もとは半ドンの土曜のメニューだったが、週休2日になったことで金曜昼食に変わったという話も。たくさんある基地・艦船の中には金曜昼食でない場合もあるかもしれません。