生らくご最新情報


★Twitterhttps://twitter.com/namarakugo
★Facebookページhttps://www.facebook.com/namarakugo
★オフィシャルブログ「ブログ版生らくご通信」http://namarakugo.jugem.jp/

☆・*:.。..。.:*・☆・*:.。..。.:*・☆・*:.。..。.:*・☆・*:.。..。.:*・☆・*:.。..。.:*・☆・*:.。..。.:*・☆

遅れ馳せながら明けましておめでとうございます。
昨年は当会を御贔屓いただきありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。
12月の玉川奈々福さんの浪曲の世界、ベテラン曲師・沢村豊子師匠の三味線の絶妙な掛け合いはライブ(生)ならではの体験! 当会渾身の年末プレゼントをお楽しみいただけたでしょうか。
2018年最初の公演は2月11日「扇遊&鯉昇二人会」。是非、味わい深いお二人の落語を堪能してください。前週4日には番外編「旅成金 in 広島」もあります。お楽しみに。

第41回生らくご会「扇遊&鯉昇二人会」

第41回チラシ画像 日時:2018年2月11日(日・祝) 開演14時(開場13時30分)
※正午より受付にて整理券配布予定
会場:広島工業大学広島校舎5Fホール
広島市中区中島町5-7 (GoogleMap)
交通アクセス⇒http://www.it-hiroshima.ac.jp/institution/hiroshima/
出演:入船亭扇遊(いりふねてい・せんゆう)、
瀧川鯉昇(たきがわ・りしょう)

木戸銭: ※全席自由席。学生料金あり。

  • シングル(お一人) 予約3,800円,当日4,000円
  • ペア(お二人) 予約のみ7,400円

 

【演者プロフィール】

入船亭扇遊

●入船亭扇遊(いりふねてい・せんゆう)

1953(昭和28)年7月5日 熱海市出身。
1972(昭和47)年11月 入船亭扇橋に入門。前座名「扇ぽう」
1977(昭和52)年3月 二ツ目昇進し、「扇好」
1985(昭和60)年9月 真打昇進し、「扇遊」に。
受賞歴
1983(昭和58)年 NHK新人落語コンクール優秀賞
1983(昭和58)年 国立演芸場若手花形演芸会金賞
1985(昭和60)年 日刊飛切落語会奨励賞
1992(平成4)年「入船亭扇遊独演会」にて文部省芸術祭賞受賞など多数
趣味は何もしないこと。落語協会理事。
出囃子:道成寺(合の手)
瀧川鯉昇

●瀧川鯉昇(たきがわ・りしょう)

1953(昭和28)年2月11日 浜松市出身。
明治大学卒業後、1975(昭和50)年4月 八代目春風亭小柳枝に入門し、「柳若(りゅうじゃく)」
1977(昭和52)年 春風亭柳昇門下に。1980(昭和55)年 二ツ目昇進し、「春風亭愛嬌」
1990(平成2)年5月 真打昇進し、「春風亭鯉昇」に。
2005(平成17)年1月 春風亭改め、「瀧川鯉昇」となる。
家族は美人の妻と愛鳥モーチャン。趣味は旅行。落語芸術協会理事。
出囃子:鯉

■席亭より一言

本当なら柳家喜多八師匠(2016年に急逝)と3人の「睦会」としてお招きするはずが、叶いませんでした。このお二人の素晴らしさについては私が説明するまでもありません。とにかく聴いていただきたい。そして、ひととき落語の世界に浸って、良い心持ちで過ごしていただければと思います。


生らくご会番外編「旅成金 in 広島」

旅成金 in 広島チラシ画像 日時:2018年2月4日(日) 開演14時(開場13時30分)
会場:上野学園ホール4階 401リハーサル室(和室)
広島市中区白島北町19-1
(アストラムライン白島駅下車すぐ)
出演:柳亭小痴楽(りゅうてい・こちらく)(落語)、
瀧川鯉八(たきがわ・こいはち)(落語)、
神田松之丞(かんだ・まつのじょう)(講談)

木戸銭:

  • シングル(お一人) 予約3,500円,当日3,800円

※番外編はペア券はありません。全席自由席。

落語芸術協会の若手(二ツ目)11人によるユニット「成金」のメンバー3人による旅興行「旅成金」が遂に広島に上陸! それぞれに個性の違うメンバーの若い魅力を楽しんでください。

【番外編についての重要なお知らせ】

★満席となりましたので予約終了いたしました。当日券もございませんので、ご了承ください。

★入場整理券配布について
午前11時より会場1階ロビーにて受付&入場整理券配布を開始します(開場は13時半から)
今回の会場は、ロビーも広くなく、他の団体も使用されますことから、お待ちいただくスペースがございません。そのため、なるべく待ち時間を少なくするために早めに整理券を配布するものです。また、会場近くには飲食店も少ないことから、整理券を取られた後、街中に出てお食事される方の便宜を考え、時間に余裕を持って、通常より早めに配布することにいたしました。
もちろん、入場整理券をお取りいただかなくても、ご入場はできますし、お席もございますので、ご安心ください。ただ、その場合は13時半からのご入場の際、整理券をお持ちの方の後からのご入場となりますので、ご了承ください。
今回の会場(4階の401リハーサル室)は約90人キャパとこじんまりとした会場ですので、どのお席からも楽しんでいただけると思います。ですので整理券につきましては、それぞれのご都合に合わせて、ご利用いただければ幸いです。
上記のような事情から、11時より早く来られても、お待ちいただくスペースもございませんし、こちらもなかなか対応できませんので、その点、ご配慮の上、ご来場いただけましたら幸いです。

★椅子席のご用意について(事前連絡要)
今回は和室という会場の都合もあり、基本的に座布団席とさせていただいております。ただ、足や腰がお悪いなど椅子席で無ければ鑑賞が不可能という方のために、若干数の椅子席を最後尾に設ける予定です。
椅子席につきましては、椅子席以外では鑑賞が難しい方を最優先とさせていただきます。
椅子席をご希望の方は、お手数ですが、事前にメールかお電話でご連絡ください。

【演者プロフィール】

●柳亭小痴楽(りゅうてい・こちらく)

2005(平成17)年10月 「ち太郞」で初高座
2008(平成20)年6月 父である五代目柳亭痴楽門下へ「柳亭ち太郞」
2009(平成21)年9月 痴楽没後、柳亭楽輔門下へ
2009(平成21)年11月 二ツ目昇進 「三代目柳亭小痴楽」となる。
2011(平成23)年12月 第22回北とぴあ若手落語家競演会 奨励賞

●瀧川鯉八(たきがわ・こいはち)

1981(昭和56)年3月生まれ 鹿児島県出身
2006(平成18)年8月 瀧川鯉昇入門 前座名「鯉八」
2010(平成22)年8月 二ツ目昇進
2015(平成27)年 第一回渋谷らくご大賞
2017(平成29)年 第三回渋谷らくご大賞

●神田松之丞(かんだ・まつのじょう)

1983(昭和58)年生まれ。
2007(平成19)年、三代目神田松鯉に入門。
2012(平成24)年、二つ目昇進。
柳亭小痴楽、春風亭昇々ら若手でつくる人気グループ「成金」の主要メンバーの一人で、シブラクの常連。

柳亭小痴楽 瀧川鯉八 神田松之丞

☆・*:.。..。.:*・☆・*:.。..。.:*・☆・*:.。..。.:*・☆・*:.。..。.:*・☆・*:.。..。.:*・☆・*:.。..。.:*・☆

TwitterやFacebookペーシでも公演情報、出演者情報など、いろいろお知らせしています。是非フォローを♪
広島で生の落語を聴く会は、当会でしか聴けない、生の落語の愉しみ、さまざまな芸のコラボをお届けします。

チラシ・ポスター画像一覧のページに、第41回生らくご会「扇遊&鯉昇二人会」チラシ画像・PDFファイルをアップしています。ご利用ください♪