生らくご会番外編「坂本頼光の活弁ナイト in 広島~東西ホラー怪奇幻想篇~」


第37回生らくご会「喬太郎(キョンちゃん)と二楽(ニラちゃん)の会」に参加された皆様、ありがとうございました。
二楽さんの紙切りが繰り出す物語の力、それを受けての鮮やかな新作で場を圧倒するキョンキョンの素晴らしさ。最高の一期一会の生(ライブ)を堪能していただけたと思っております。
さて、暑さ極まりつつある7月、8月は番外編「あこしら」(アコーディオン&唄と落語)、「坂本頼光の活弁ナイト」でお楽しみいただきます!

生らくご会番外編「坂本頼光の活弁ナイト in 広島」

往年の無声映画を、花形演芸大賞銀賞受賞者である頼光さんの活弁でお楽しみいただきます!!
今回は夏ということで、怪談もご用意いただいているよですよ^^お楽しみに!
ぜひとも体験していただきたい映像と「語り」の芸です!

坂本頼光日時:2017年8月18日(金) 開演19時(開場18時30分)

会場:ふらんす座(ヲルガン座の上)
 広島市中区十日市町1-4-32 森本ビル3F (GoogleMap)
 ウェブサイト⇒http://www.organ-za.com/

出演:坂本頼光(活動写真弁士)

木戸銭: *全席自由席。整理券はありません。限定30名様!

  • シングル(お一人) 予約3,000円+1ドリンク,当日3,500円+1ドリンク
  • ペア(お二人) なし

演目:サブタイトル「東西ホラー怪奇幻想篇」
 ドイツ表現主義の名作「カリガリ博士」(1920年、ロベルト・ヴィーネ監督)
 ホラーコメディ「石川五右衛門の法事」(1930年、斎藤寅次郎監督)

コメントは受け付けていません。