4月25日に開催された第2回みんなのライトノベルコンテスト「宮島文庫」表彰式の様子と、最終審査委員の講評がサイト掲載されました。
こちら⇒ http://www.hac.or.jp/miyajimabunko/ceremony/ からご覧いただけます。

最終審査委員(敬称略):
清水慎治(東映アニメーション株式会社 スーパーバイザー)
松野 玲(株式会社アミューズ プロデューサー)
イワトビまこと(第1回みんなのライトノベルコンテスト受賞者)
小沢康甫(南々社発行『瀬戸内海事典』企画・構成・執筆者)
カワサキマミ(広島オタクマップ代表)

アニメーションフェスティバル対応やその他もろもろ山積みで(言い訳スミマセン)、すっかり遅れてしまいましたが、何とか掲載完了。実行委員としてホッと一息です。

「宮島文庫」は、一昨年に始めたライトノベルコンテストの第2回で、地域から物語を発信し、アニメーションや漫画を含めたコンテンツ文化を育てていこうという取り組みを継続するものです。
書籍化などの展開も検討中です。コンテスト事業はこれで終了ですが、まだまだ企みは続きます。